Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

monomania SET?ゲット

blog20121027-1.jpg

blog20121027-2.jpg

いまさらですが、KORG monotribeを購入しました。
発売当初は16800円くらいしていたと思うのですが、ずいぶん安くなりました。
monotribe+monotron Duo+純正ACアダプタで14800円です。

monomania SETはmonotribe+monotronのセットなのですが、渋谷のお店で完売してしまったので、同等品をセットにして頂きました。
monotronDuoをセットにしてもらったので、ちょっと得した気分です。

monotribeのSYNC-INに試しにDoepfer DARKTIMEのCLIK-OUTをつないでみたら、問題なく同期しました。
monotribe→DARKTIME→KENTON ProSolo→MS-20とつないで、フィルターぐりぐり遊びしています。
Delayを少しかけるとまたちょっといい感じになります。

今度monomania SOUND CONTESTにエントリーしようかなぁ。。。

MS-20 Tシャツ&KORGステッカーをゲット

blog20121024-1.jpg

10月20日土曜日にまたまた秋葉原に行きました。
Twitterの情報でオーディオ・ホームシアター展にKORGが出店していてステッカー無料配布、Tシャツ1000円の情報があったからです。
会場に行ってみると、KORGは小さいブースでPCMレコーダーを展示していました。
その横で、情報通りステッカーを配っていたので、スタッフの方に「いっぱいちょうだい」って言ったら9枚くれました。
MS-20のTシャツはSサイズしかなくて迷いましたが、娘の部屋着にもできるし。。。ということで1枚購入しました。

デザインはちょっとアレですが、ちょっとはMS-20マニアっぽくなったかな?

7インチタブレット SHARP GALAPAGOSをゲット

blog20121014-1.jpg

blog20121014-2.jpg

久しぶりに秋葉原に行ってきました。
MIDIケーブルとか細かい電子部品とかの買出しのつもりで行ったのですが、SHARPの7インチタブレットGALAPAGOSも買ってしまいました。
7インチタブレットというと、BOOK READERとしてAinolのNOVO7 ELFを持っていてそれなりに使えていたのですが、なぜGALAPAGOSを買ったかっていうと。。。
もともとはWIMAX内蔵のGALAPAGOSが欲しくて3月頃電気屋さんをいろいろ回っていたのですが、どの店でも35000円くらいしていて高くてあきらめていました。
それがまだ1年もしないうちに、今日秋葉原で19800円で売っていたので即ゲットしました。

とりあえずは200円で機器増設して使って、バッテリ持ちとかも問題なければGALAPAGOSを持ち歩くことにして、その後モバイルルータはお蔵入りということになりそうです。
購入してまずはAndroidを4.0にアップグレードしてみました。
デュアルコアのNDIVIAのTEGRA2を搭載していることもあり、動作はサクサクで問題ありません。
非常に快適です。
ただ1点残念な点が。。。
Yahoo Boxを使っているのですが、アプリからは通信が3Gと認識され、20MBを超えるファイルをダウンロードできませんとか言われてしまいます。
Yahoo Boxはよく使うので、この点は非常に残念です。

とはいっても、日本製はやはり中華パッドと質感が違います。
ボディはアルミ製でかっちりしていて、カメラの写りや液晶も中華パッドよりずっといいです。
その分重くなっている気もしますが、ルーターが入っていることを考えれば我慢できるレベルです。

あと、GALAPAGOSのアクセサリとして、SMARPEAというものを買ってみました。
これはスマホやタブレットの裏側に貼り付けて、指を通して持つことで落下を防止するというものです。
あとはAMAZONで液晶保護シートをポチしました。
火曜日くらいに届くかな?それまでは工場出荷時に貼り付けた保護シートをそのまま使います。
特に機能的に問題ありません。

ということで中華パッドはオークションに1円スタートで出すので、欲しい方は探してみて下さい。


シンセサイザーが欲しい!(その27:DOEPFER DARK TIME)

blog20121008-1.jpg

blog20121008-2.jpg

アナログシンセサイザーにはアナログシーケンサーということで、DOEPFER のDARK TIMEをゲットしました。
といっても、買ったのは6月頃だったかな。
CV/GATEとMIDIの両方に対応しているので、Mopho Keyでも使えます。
もちろん、MINIMOOG VOYAGER XLのCV/GATEにアナログ接続して使うこともできますよ。

「コミPo!」有料版をげっと

Comic20120920-1.png

マンガを描けなくてもマンガが描けるソフト、コミPo!のダウンロード版を購入してしまいました。
使い方は超簡単。
何の苦労もなくすぐに使えるようになりますよ。
とりあえず4コマまんがを描いてみました。
仕事の教育資料もこれで作成してしまいました。

ブログにもちょくちょくマンガを載せようと思います。

USB-MIDIインタフェース ROLAND UM-ONE

blog20120917-1.jpg

YAMAHAのビンテージドラムマシン他、USBインタフェースを持たないMIDI機器をいくつか持っています。
これらも、PC上のDAWからコントロールしたいと思い、USB-MIDIインタフェースを買ったのですが...

最初は楽天市場で一番安い650円のものを購入しました。
パソコンにつなげば使えるということだったのですが...動きません。
ランプもついたり消えたりで不安定、なんか内部で接触不良を起こしている感じです。
メールでお店に問い合わせましたが、なんかまともな答えが返ってこない。
650円の不良品に労力を使うのも疲れるので、まともな製品を購入しました。

買ったのはROLANDのUM-ONE。
大きさやケーブル、ランプの感じからいって、中身ほとんど一緒じゃないの?って感じもします。
ただ、ROLANDの方はホームページからWindows7のドライバをダウンロードして、サクッと使えました。さすが!

格安で使えればラッキーくらいの感じで、たまーに安価な中国製品を購入しますが、やはりバクチですね。

とりあえず、minimoog VOYAGER XLをつないでマスターキーボードにしています。


GALAXY NOTEが文鎮に。。。

blog20120902-1.jpg

GALAXY NOTEを1ヶ月くらい放置してしまっていたので、先日、久しぶりに使おうと思ってスイッチを入れたら、ウンともスンともいわなくなってしまっていました。
このGALAXY NOTEはdocomoじゃなくて、海外版のGT-N7000という機種でROOT取得済の中古品を秋葉原で保証なしで購入しました。
従って、ある日突然文鎮になっても誰にも文句言えないし、もちろんSAMSUNGに言ったところで修理してはもらえません。
いわゆる文鎮化してしまったみたいで、また放置プレーとなってしまいました。

ところが先日、別の機械のリチウムイオンバッテリーを充電していて、ふと思いつきGALAXY NOTEにケーブルで接続してみると、なんと電源がちゃんと入るのでした。
要するに、文鎮化したんじゃなくて、バッテリーが壊れたか、USBからの給電がうまくいっていないかのどちらかのようです。
そこで、本体側の電極にテスターを当ててみると電圧はあったので、バッテリーを交換してみることにしました。

バッテリーはヤフーオークションで社外品の電池を購入してみました。
値段は1055円+総量200円で香港から国際郵便で送られてきました。
電池をセットしてGALAXY NOTEの電源を入れてみると、OSがちゃんと立ち上がりました。
半分くらいは充電されているようです。
そのままUSB経由でコンセントから給電し、充電も100%になりました。

使えるようになれば快適、快適。
OSのバージョンも4.0にアップしたので、更に使いやすくなりました。

前からあった、手書きメモアプリの「Sメモ」に加えて、「Sノート」というアプリも追加になったようです。
そういえば最近月額490円の100kbpsのSIMがあるようなので、GALAXY NOTEに入れようかな?と考えています。
普段はWIMAXを使っているのですが、出張で地方とかに行くと使えないことが多く、帰りの電車も検索できません。
100kbpsでも路線検索くらいは使えると思うので、どうでしょうね?

ScanSpeakスピーカーをエンクロージャーにセット

blog20120901-2.jpg

Stereo8月号に付録でついてきた、デンマークScanSpeak製のスピーカーユニットを、秋葉原で買った格安エンクロージャーにセットしましたのでチョイレビューを。
自作スピーカーは右側の黒いやつです。
左側は比較に使ったKENWOODのOMNI PRO。こちらも8cmフルレンジで、内蔵アンプのバイバス手術済です。

どちらも、8cmフルレンジにしては良い音で鳴っています。
KENWOODの方が高音の解像度、低音のドラムやベースのキレが上回っています。
とは言っても、ScanSpeakがモワッとしているとかではないです。
むしろScanSpeakを聞いた後だと、KENWOODがちょっとだけドンシャリにも感じます。
中域はまあどちらもそれなりですが、ボーカルの艶感というか響きみたいなものは木製エンクロージャーのScanSpeakが勝っているように感じます。
あと、シンセのブリブリした音はScanSpeakの方が良く出ていました。
全体的な印象は、ScanSpeakは落ち着いた感じ、KENWOODはちょっと尖った感じです。
ニアフィールドで音楽を聴くには、ちょうど良い感じですね。

ちなみに、スピーカー端子は秋月で買ったバナナプラグを挿せるタイプで、スピーカーの交換も楽々ですよ。


STUDIO ONE にREASONのSONGを読み込む

blog20120901-1.jpg

今週くらいからREASON ESSENTIALSのデモ版で遊んでいます。
REASONは見た目がかっこいいし、EXTENSIONをいろいろ追加しながら自分のスタジオセットを作るのも楽しそうです。
ただ、REASONからはVSTプラグインは利用できないのかな?まだわかりませんが。。。
でもARTURIAのソフトシンセをせっかく持っているのだからREASONのSONGで使ってみたくなります。
と、思っていろいろやってみたら、やりたいことの逆のことはできるようです。
つまり、REASONのSONGをStudio Oneにトラックとして簡単に読み込めるので、あとは普通にStudio One上でエフェクトをかけたり、VSTプラグインとミックスしたりできます。

まあ、できるといえばできるのですが、REASONのクールな環境でMINIMOOG-Vとか使えれば一番なんですけどね。。。
これはできないんでしょうか。。。?


REASON ESSENTIALS DEMO

blog20120830-1.jpg

前から気になっていたREASON ESSENTIALSでちょっと遊んでみようと、デモ版をダウンロードしてみました。
デモ版ではファイルを保存できるけど、開けないってことのようです。
まあ、操作に慣れるということだけなら、コレでもいいのかもしれません。

REASONのことはほとんど知らないで使い始めたのですが、Extensionがいい感じです。
ラックマウントのハードシンセやサンプラー、エフェクターをPCの画面上で再現し、これらを使って楽曲をくみ上げていきます。
なんだかスタジオで作業しているみたいな感じになります。(実際のスタジオは違うのかもしれませんが...)

VSTプラグインは使えないのかな?だとしたらせっかく手に入れたARTURIAのシンセ達が使えなくて残念です。
Extensionの種類も豊富で、普通のDAWじゃできないこともREASONだとできそうな感じがします。
ちょっとStadio Oneと比較しながら少し遊んでみようと思っています。


Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブログ記事に関連した商品

アイコンをクリックして頂くと、ブログ村のポイントとなり、ランクアップすることができます。ランクアップするとますます調子に乗って新しいネタが思いつくようになりますので、是非クリックをお願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

最近の記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。