FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ichis.blog74.fc2.com/tb.php/330-ff3447d7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

96kHz,24bitのオーディオ環境

Net Audioという雑誌を買ってみました。
この本によると、CDの音質は44.1kHz16bitですが、高音質の音楽をダウンロードしてパソコンを使って96kHzや192kHzで音楽を聴くと音が良いというのです。
確かに、サンプリングレートが倍になれば、倍の音質で音楽を聴けそうな気がします。
レコードがCDに変わったときのような差があるのでしょうか?

blog20110817-2.jpg

この雑誌の付録には、同じ音源から作った44.1、96、192のそれぞれのレートのファイルがあります。
このファイルを聞き比べれば、ハイレゾ音源の違いを体感できるということです。
パソコンで再生した音楽ファイルをスピーカーから出力するにはD/Aコンバーターというのが必要です。
rolandのデジタルミキサーM-16DXは96kに対応したDACの機能もありますので、これ経由でDYNAUDIO BM5Aに出力しました。
192kでの出力は出来ないので、44.1kと96kの比較になります。

blog20110817-1.jpg

ミキサーの設定を変えて、USBケーブルをつなぎなおして、めでたく96kで認識されました。
あと、プレーヤーはFoober2000というソフトをインストールしました。

で、実際に聴き比べてみましたが、私の耳にはあまり違いが感じられませんでした。
なんか、耳が悪いのかもしれない。。。
いや、100万円のDACなら音の違いが分かるかも。。。

ということで、私にはCDの音で十分ということが分かりました。
さすがに、CDとレコードとカセットの音は聞き分けられますよ。












スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ichis.blog74.fc2.com/tb.php/330-ff3447d7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブログ記事に関連した商品

アイコンをクリックして頂くと、ブログ村のポイントとなり、ランクアップすることができます。ランクアップするとますます調子に乗って新しいネタが思いつくようになりますので、是非クリックをお願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

最近の記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。